亀谷窯業のこだわり
Our Values

来待石だけの釉薬と焼成温度1350度丁寧に人の手で仕上げております。「来待をやめるなら瓦屋をやめる」と頑なにこだわり続けた先代の意志を引き継ぎます。
 
We have protected old traditional techniques of producing Sekisyu-Kawara, heating for about 22 hours at a max temperature of 1350°C. It is the highest temperature in Japanese Kawara industries.
We are producing Kawara by hand, one by one according to the many color and shape requests being made. 
 
・こだわりの詳細>>

 

 
 

会社概要

社名:亀谷窯業有限会社
   Kamedani ceramics Co.,Ltd. 
 
住所:〒697-0023  島根県浜田市長沢町736番地
TEL: 0855-22-1807
FAX: 0855-23-0622

E-mail: honkimachi@iwamicatv.jp
  

お問合せフォーム
 
創業: 文化3年(1806年)
 
事業内容: 粘土瓦の製造・販売
 
従業員:6名
代表者:代表取締役社長 亀谷典生 

会社沿革

元和5年(1619年)伊勢の国、松坂城より浜田藩初代城主、
古田大善太夫重治が浜田に入部し築城の折、摂津国(大阪)
より瓦師を連れ来たり、瓦を造らせ築城した。
その瓦師の子が亀谷初代岩田清次である。
 
寛延元年(1748年)
 亀谷初代岩田清次、浜田藩の瓦師として瓦を製造。
 
文化3年(1806年)
 亀谷瓦工場として今日まで創業200年瓦製造に勤しむ。
 
昭和40年(1965年)
 社名を亀谷窯業有限会社と変更する 
 
 
 
 
家系    初代  岩 田 清 次
    二代  岩 田 源 助
    三代  岩 田 源 助
    四代  亀 谷 傅 市
    五代  亀 谷 多 作
    六代  亀 谷 多 市
    七代  亀 谷 博 幸
    八代  亀 谷 克 幸
    九代  亀 谷 典 生